日記・コラム・つぶやき

2011年7月13日 (水)

45rpmのイベントに参加してきました!

ブランド志向のまったくない私が、唯一お気にいりのブランド45rpmの夏のお祭りWAsshoii

に行ってきました。

110708_174450

南青山の「Badou-R」http://www.45rpm.jp/shop/cms/contents.aspx?contents=48 にて。

オリジナルのアイテムは...
バンダナやストールで作ったチュニックやTシャツ。

110708_173429

「今日は見るだけ!」って思ってきたのに、ついつい一点物のチュニックから目が離せなくなって、買ってしまいました!

別室ではおそうめんとかき氷のおもてなしを受けました。heart04

110709_152712_2

そして、お茶会にも飛び入りで参加してきました。

なんでも、屋久島の縄文水を使ったお茶会で、お茶菓子は、松江から取り寄せた涼しげなお菓子でした。

110708_170558

海田曲巷さんという方が席主で、どうやら、流派にこだわらずにお茶を楽しむ方で、茶杓やお茶道具の作家さんだったようです。

http://www.inouye-art.com/kyokko-kaida.html 

パリの蚤の市で買ってきたカフェオレボールを茶器にしたり、自由な発想で楽しくお茶会が進行していきました。

正座もせずに、ゆるりと横座りしたままいただくお茶はリラックスしてとっても楽しめました。heart04

typhoonフォーティファイブ・アール 京都店 フォーティファイブ・アール 名古屋松坂屋店 にて夏のお祭り「Wasshoii」開催!
期間:7月15日(金)~7月17日(日)

http://www.45rpm.jp/jp/new/2011.wasshoii.html

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

夏は海に限ります!

毎年夏になると、海に行きたくなる私たち。

去年も8月1日(日)と8月15日(日)に、房総の海に行きました。

海に行くのは泳ぐためではなく、パラソルとデッキチェアー、ブラジル製の大判リゾートタオルをもって、ただ潮騒を聞きながら、お昼寝したり、読書したりするために行くのです。

ずーいぶん前に我が家でシュノーケリングがブームになった時があり、フィンとマスクとシュノーケルをそれぞれ買って、フィジーやモルジブ、慶良間諸島と毎年行った時期がありましたが。

今は、そんな遠くに行かなくても、車で1時間くらいで、房総の海に行くことができるので、すごく簡単にヴァーチャルリゾート気分を味わえます。

私たちの出発時間はとっても遅いし、途中でご飯食べたり、適当に行くので、現地につくと15:30くらい。もう駐車場料金もかからず、人もどんどん少なくなって、いく時間帯です、

ひと眠りして、ふと周りを見渡すと遠くの方に人影が見えるくらいで、あんなにたくさん人がいたのがウソみたいに、静かなビーチになるんです。

体を焼くのも気分がすきっとして気持ちがいいので、日焼け止めをつけながらじっくりと日焼けをします。

そういえば、私が静岡と福岡にいたとき、日焼けサロンに行くのがマイブームになった時期がありました。

当時、ガングロブームも終わっていたので、女子更衣室はほぼ独占状態。

終わってロビーでお茶していると、イケメン営業マンとかイケメンクラブのお兄さんとかが来ていて、なかなか目の保養になってました。heart02

女性はシミやそばかすをきにする人が多いから、なんでお金を払ってまで日焼けしたいんだと不思議そうに聞かれますが、日焼けマシーンはそもそも北欧の日射量が少ないところで開発された医療機器が元なんですって。

つまり、体内時計に影響があって、自律神経がすっきりするというか、日焼けの後、すっごく気持ちがしゃっきりすっきりして、気持ちがいいのですよ。

茶褐色に色づいた手や足を見ていると我ながらうっとり!happy01

東京でもサロンっぽくやっているところ探そうかな―

着物を着るのに色が黒くってもきりっと着こなしてしまうのが、私流。

今年の夏は、海にもっと行って、日焼けをして、日焼けサロンも開拓して、きれいに全身焼けして着物を着て銀座に遊びに行こう!っと。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

カラープリントの印画紙についての質問です。

知り合いの写真家さんから問い合わせがありましたので、お聞きします。

コダックのカラープリント用印画紙が製造中止になりましたが、富士から新しく発売されるという噂があるそうです。

どなたか詳細をご存じの方情報をいただければ幸いです。

また富士にかかわらず、カラープリント用印画紙でずっと製造されていきそうな製品がありましたらご紹介ください。

*もちろん、デジタル出力用ではなく手焼きプリント用の製品です。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

「高木こずえさんに木村伊兵衛賞が」で思い出した恥ずかしいこと!

今年の木村伊兵衛賞が、高木こずえさんに決まった。

思えば3年前、『高木こずえさんに、木村伊兵衛賞が決まったんですって。』というまことしやかな噂話を聞いて、高木さんにおめでとうメールをした私。(まだその年の受賞者発表前のことです。)

高木さんからは「私、なーんにも聞いてませんよ??」って返信が。

「えーーー!!じゃー、ガセネタだったのか!」

あーーー恥ずかしい。

「でもきっと、高木さんは伊兵衛賞とると思うよ。がんばってね。応援してます!」ってメールをしたのでありました。

とうとうその時が来たのですね。

高木さん、おめでとう!!

そうそう、Photo&Fotoで高木さんにインタビューした記事があったのでありました。ちょっと復活させようじゃーありませんかと思い付く私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

★カンボジアの布(クロマー)のワークショップ

R0029777 

カンボジアの布、クロマーのワークショップに行ってきました。

「クロマーって何?」という方へ

■クロマーとは■
クロマー(krama) は、カンボジアの人々の生活に深~く浸透している万能スカーフです。
素材は主にコットンの手織り布。
日差しが照りつける日はタオルとして首にかけ、汗を拭いたり、頭にふんわり巻いて、帽子にしたり。
水筒やお弁当も、くるくるっと包んで腰に巻いたり肩にかけて持ち歩きます。

「ほらー、便利そうでしょ?」heart04

代々木上原の「試聴室」っていう民家Cafeでクロマーの展示があり、昨日は、クロマーの使い方講習があったのです。

マフラーや布が大好きな私は、今の手持ちのマフラーをより広く活用すべく行ってきました。

会場には、7~8名の受講者と講師役が3名。

クロマーを借りて、実際に身につけながら、使い方のバリエーションを教えていただきました。

くるくるっとまいたり、ささっとしばるだけで、エプロンになったり、バッグになったり、ボレロや帽子にもなるんですよ。確かに便利便利。

会場には、色とりどりのクロマーがあって、思わず、ブルーグリーンのクロマーを買ってしまいました。あせあせ

R0029783

★クロマニヨンのクロマー展

日時:10 月18 日(日)までです。

平日12:00~21:00、土日祝12:00~19:00、水曜日定休

typhoon18日(日)14時頃~18時頃まで主催者が在廊しておられますので、使い方とか教えていただけますよ。
それ以外は、使い方説明のチラシもありますので、大丈夫よ!


会場:代々木上原 試聴室(民家Cafeです)

東京都渋谷区大山町43-6 Tel.03-3481-5910
http://cafe.taf.co.jp/gallery/krama.html
http://www.krama100.com/home.html

※クロマー展開催期間中は、カンボジアのお料理やスイーツありまーす。

<今日の写真に一言>
会場の写真と、私の買ったクロマーを子猫パピーに巻いてみました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

★京都の花灯路の画像を探しています!

下記の件、解決しました。ご協力ありがとうございました。

★某クライアントから頼まれて、京都の花灯路の画像を探しています。


★京都・花灯路
●竹にこだわりはありません。花灯路の伝統的な雰囲気が出ていれば良いです。
●全体の色合いは暗めのものから明るめのものまで特に縛りはありません。

●クライアントに提案してOKになれば、画像の使用許諾をいただきます。先方に、独占の使用許諾を与えるものではありませんので、同じ画像をご自身が他で使用されても問題はありません。

●もちろん謝礼をさしあげます。



もし、画像をお持ちの方がおられましたら、コメントをいただけませんでしょうか?

詳細はメールにてやりとりさせていただきたいと思います。

納期を急いでおりますので、至急ご連絡ください。

どうかよろしくお願いいたします。

㈱ジャズインタープレイ

安達ゆみこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

★日本初の国際的Photoイベント「東京PHOTO」を開催!

★日本初の国際的Photoイベント「東京PHOTO」が開催されます!

Photoイベントとしては、毎年11月にパリで開催されるパリフォト、3月にニューヨークで行われるAIPADが有名ですが、

「東京フォト」は、日本初の国際的な写真のアートイベントです。

国内外有数のギャラリーが一堂に会し、写真作品の展示と販売をします。

日時:200994日(金)~6日(日)

94日(金)11:00 - 17:00
9
5日(土)11:00 - 19:00

96日(金)11:00 - 17:00

会場:ベルサール六本木1F・BF

東京都港区六本木71818

入場料:当日 1,500円(前売り1200円 ローソンチケット Lコード 38495

http://www.tokyophoto.org/jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

★Photo&Foto掲載写真家、松原正武さんがイベントに参加!

Photo

★Photo&Foto掲載写真家 松原正武さんがイベントに参加!



キスケ&ウニポン企画アートイベント 『P.A.D.(パッド)2』

日時:8月23日(日) 18:00~23:30

場所:大阪/Club NOON (URL:http://www.noon-web.com/
大阪市北区中崎西3-3-8JR京都線高架下3-3-8 tel/06-6373-4919
料金:\2500(1ドリンク)


P.A.D.(Performance & Art Doyama)
オフィシャルウェブサイト
http://pad-art.net/

<松原さんからのコメント>
アートヤードの映像作家・滝本章雄さんとコラボした作品で、『P.A.D.2』に参加します。

アートや音楽やパフォーマンスが入り交じった、オモシロそうなイベントなので、よかったら遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

「ヒロシマコレクション」掲載の反響!

写真携帯サイトPhoto&Fotoでは、土田ヒロミさんの「ヒロシマコレクション」を特集でとりあげています。

今回、共同通信や各地のマスコミにとりあげられました。

【以下共同通信の記事より抜粋】
被爆遺品写真、携帯サイトで公開 「ヒロシマ コレクション」

戦後の広島の街並みや被爆者をとらえた作品で知られる写真家土田ヒロミさん(69)が、広島市の原爆資料館所蔵の被爆者の遺品や資料を写した過去の作品を、携帯電話のインターネットサイトで無料公開している。

高熱で溶けたガラスびん、原爆が投下された午前8時15分を指して止まった懐中時計など20点。いずれもモノクロで、持ち主の被爆状況や発見時の状態についての説明が付けられている。

1980年代に撮影、「ヒロシマ コレクション」として発表した作品の一部。国内の写真家の作品や写真展情報などを集めた携帯サイト「Photo&Foto」内に10月末まで掲載する。

土田さんは「手軽に見られるので、特に若い人が関心を持つきっかけになれば」と話している。 
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080201000281.html

【共同通信】



typhoonきっかけは、土田さんに掲載していただいた以前の作品を、新しいものに差し替えようと打ち合わせをした時に、

写真集をすべて拝見して、「ヒロシマコレクション」に強い感動を覚えた私は、これをできるだけ多くの人に伝えたいと思ったのです。

土田さんの意向もあって、特集で掲載することにしました。

spade「ヒロシマコレクション」を掲載するのは、Photo&Fotoにとって、新しいチャレンジでした。

どちらかというと、重いと受け止められがちなテーマをあえて、携帯サイトで掲載しようと思ったのです。


sun多くの方にも「ヒロシマコレクション」を見ていただきたいと思います。


spadePhoto&Fotoをご覧いただくには、
www.photofoto.jpと携帯にURL入力していただくか、QRコードを携帯で読み取ってください。(会費は無料です。)

Pf_qr_for_mixi

トップページに「ヒロシマコレクション」があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

素敵な猫写真登場!

001090417_d3a_0426_02web

コピーライト田中良直

携帯サイトPhoto&Fotoにはなぜかあまり猫写真がありません。

それというのも、ちまたに猫写真がたーくさんありすぎて、普通の猫写真を掲載する気持がおきなかったのです。

ところがあるところで独特な猫写真を撮っている田中良直さんに出会いました。

002catsintown_090415_dsd_0102

コピーライト田中良直

8月1日よりPhoto&Fotoの今週の写真に登場してもらっています。

田中さんの撮る猫たちは、野良猫とは思えないくらい、自然体です。


田中さんは決して餌はあげないんですって。猫が自分の存在を空気みたいに感じてくれるまでじっと待って、写真を撮るそうです。heart04

003090418_d3a_1599_02web

コピーライト田中良直

★Photo&Fotoをご覧いただくには、
www.photofoto.jpと携帯にURL入力していただくか、QRコードを携帯で読み取ってください。(会費は無料です。)

Pf_qr_for_mixi_2 

田中さんの作品をご覧いただくには、今週の写真をクリックしてください。

あるいは、
写真家ライブラリー→写真家一覧→た行でご覧になれます。(無料でダウンロードができます。)

typhoon田中さんの写真は「うちの猫のキモチがわかる本」の夏号にも掲載されます。


もうまもなく書店に並びますから、店頭で見てくださいね。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧